A men is wearing red shirt

顔を上げて生きていく

Beautiful girl so sad

自分は絶対にハゲないと思ってた。だから「もしハゲたら潔く丸坊主にしてやる!」なんて笑ってた…。
AGA、つまり若ハゲで悩む人のほとんどは、若すぎる頭髪の減退に驚きを隠しきれません。
AGAは成人男性に多く見られますが、その前兆として中高生などの思春期から既に額、もしくは頭頂部が薄くなってくるという特徴があります。
遺伝や男性ホルモンが影響していると言われ、抜け毛だけでなく髪の毛が十分に成長しきらないために細くて弱々しい髪の毛になってしまい、薄毛が目立つようになるんです。
AGAの人は全国で約1,260万人もいると言われています。
これだけの人数がいますが、その中で何かAGA対策、治療を行っているのは約650万人なんだそう。
残りの半分ほどの人は何のケアも治療も行わず、AGAを放置しているんです。
つまり、ハゲている自分と共に生きていく決意をした人達ということです。
ハゲすらもアイデンティティとして受け入れられるのであればそれはとても良いことですが、
約400万人のうち、そんなに潔い人はほんの一握りでしょう。
ほとんどの人は「自分はハゲだから…」と背を丸めて歩いて生きてしまっている可能性があります。
背を丸めて歩くと頭頂部を晒して歩くことになるので、頭頂部からも生え際からもAGAが進行している人からすると、うつむけばいいのか顔を上げればいいのか悩ましいところでもあります。
でもどうせなら、堂々と顔を上げて歩いていきたいですよね。
現在では薄毛を治療し、髪を取り戻すことが出来るようになっています。
病院での治療はもちろんですが、市販の育毛剤や海外通販サイトを利用して薄毛の治療薬で改善することが可能です。
プロペシアやミノキシジルと言った治療薬を取り入れることで抜け毛の量を減らし、豊かな髪を育てる効果があります。
またミノキシジルにはリアップやロゲインと言った育毛剤以外にもミノキシジルタブレットがあります。
従来のような塗るタイプではなく服用タイプとなっています。服用することで体内から育毛効果が働く為、塗るタイプのデメリットでもあったムラが出ることや乾かすまでに時間がかかると言った手間を省くことが可能となります。
さらにミノキシジルタブレットの効果は、これだけでなくプロペシアと併用して使用することでさらなる育毛効果が実証されている為、併用して使用する方も増えています。